2017年04月24日

  今夜必見!プロフェッショナル

      今夜NHK22時25分から、大島架橋作業が放映されます。

県勢発展計画に盛り込まれてから50年、やっと気仙沼市と大島が一つになります。
延長228㍍ 重さ2700㌧を 巨大大型クレーン船「富士」での歴史的大工事の
密着映像が見られるようです。 




  


Posted by あゆみ at 17:53Comments(1)

2017年04月23日

ハマーレ歌津 食べ歩き

「南三陸さんさん商店街」に続き、街の顔である歌津・伊里前商店街が
ようやく 二つそろいました。


 

 
 カフェができました。 コーヒーとケーキセット 500円で一服タイム cakecup



 
 
  肌寒い日なので、ちゃんこ鍋でホッカホッカになりました


  餅つきの手合わせも上々、息が合ってますね



  あんこもちで皆さんに振舞われました。一番人気の長蛇の列でした。
 

   人力車がサービス運行です


  店内はどこも満員御礼状態でした。あとでユックリと買い物したいです

  


Posted by あゆみ at 23:06Comments(1)

2017年04月23日

南三陸ハマーレ歌津・オープン

       南三陸町   復興へ「まちびらき」第2弾


 「ハマーレ歌津」とは・・・「仲間になる」という意味の方言「はまる」と
 三陸リアス式海岸特有の「浜」が集まった地であること、イタリア語で海を意味する「マーレ」を
 掛け合わせた造語です。旧歌津町は、魚竜産出地としてイタリア・ベザーノ町と友好関係を結んでいます。

 「はまーれ」を通して、商店街から「仲間になっぺ」というメッセージを発信していきます。
 
 今日23日10時から「南三陸 ハマーレ歌津」がオープンしました 

     これからテープカットです




   

     大空へ風船が飛ばされました




     会長さんが大勢のマスコミ取材を受けてます



 こらから祝い餅がまかれます

  

  

  ギョリュウ太鼓・獅子舞いと続きます


 


  


Posted by あゆみ at 20:24Comments(1)

2017年04月21日

南三陸ハマーレ歌津

     震災から6年が過ぎ、歌津地区の復興が見えてきました。

 住宅再建は、復興公営3ヶ所が完成し113戸に100世帯が入居しています。
 防災集団移転(高台移転)は、区画整備が完成し、新築入居や現在建設中を
 合わせると200世帯になります。    このほか、町内外で購入した土地や自分の土地などに
 新築した世帯も相当数あります。
  
    4月23日に「南三陸ハマーレ歌津」がオープンします
 
 
 
   明後日の開店に向けて大忙しでした
 
 明るく広々としたフードコート、雨でもゆっくりと買い物や食事が楽しむことができます。
 
 
 イカ釣り船のイメージに沿った設計でライトが船上の雰囲気のようです。

 

      街に待った商店街です  8店舗が出店します



   商店街の前を流れる伊里前川では伝統のシロウオ漁が始まりました



  シロウオはハゼの中間で体が透き通っているのが特徴です。
  

  伊里前川では地域に伝わる「ザワ漁」で漁獲します。
 くの字型に50センチ積み上げて、窪みの所に網を仕掛け遡上してくるシロウオを追い込みます。


  両端を開けて後方へ仕掛けた人にもシロウオが遡上できるようにするのも無言のルール


  


Posted by あゆみ at 22:10Comments(1)

2017年04月18日

ワカメの出荷

  低気圧が発達しながら北東へ進み、前線が本州付近を通過。
昨夜の大雨が今朝はスッカリ晴れ上がりました。

 今日は ワカメの出荷です。大雨で心配されましたが、晴天の中順調に進んでます

  ワカメを積んだトラックが着きました。今から検査です




    丁寧に検査されます

   
  プロの目は厳しいです


     色・脱水・品質などが厳しく検査されます 


  一箱ずつ検査をうけます





  ワカメの等級や生産者が印字されます


  最高級の南三陸ワカメが出荷されました。



  


Posted by あゆみ at 18:43Comments(2)

2017年04月16日

浜の朝仕事

夜明けと共にワカメ刈りが始まり、朝の8時は終盤。9時頃には浜での作業は終了 。
 後は作業場で塩蔵にしてから、ワカメを一本ずつ、葉を丁寧に調べます。

    南三陸ワカメのブランド名に漁師さん達は奮闘しています


    
 茎からメカブを削ぎます

    
 それぞれ手さきが早い人は、袋にたまるのも早いので無言の競争です

    
 袋詰めにされたメカブは業者さんが買い付けにきます。


   熱湯で茹でます


    固まりを手でほどきます。 


    まんべんなく茹でるためにかき混ぜます。


    一気に上げて冷やします


     まんべんなくかき混ぜます




    丁寧にまんべんなく冷やします


    二度冷水で洗い冷やします・次は塩蔵になります。








  


Posted by あゆみ at 10:12Comments(1)

2017年04月15日

共存共栄

      日本カモシカが、我が家の野菜畑にきました。

   食糧不足なのでしょうか・・・少ない畑の野菜を食べていました。
   それが、かき菜ばかり食べるのです。 ネギとかニラは匂いがあるから
   食べないのかな・・・?  無農薬野菜わかるのかな・・・

  

   カメラを取りに戻る間に、また来るよ・・・そんな目をして山に入りました





  


Posted by あゆみ at 21:01Comments(1)

2017年04月14日

満開

   東北地方は向こう一週間は、低気圧などの影響で曇りや雨の日が多いようですが
  今月後半は高気圧に覆われて晴れる日が多い予報です。
     
          春本番・・・そこまで来てます

   昨年植えた桜2本が咲きました。今日の暖かさで、ほんのりとしたピンクの花
  蕾がイッパイあるので、暖かさとともに満開が楽しみです。。sakura









  
  レンギョも満開です。 期間はかかりますが、荒れ土でも満開 花


  


Posted by あゆみ at 19:46Comments(1)

2017年04月12日

ワカメ終盤へ追い込み


   低気圧発達の影響で海は大荒れです。 ワカメ収穫終盤ですが
  本日はシケのため出港した船はいません。





 
 
   刈り取ったワカメの集荷に合わせて、成形・箱詰めに大忙しです。
   人手不足と高齢化がワカメ収穫にも影響しております・・・














  


Posted by あゆみ at 20:19Comments(1)

2017年04月07日

復興へ快走

     漁師確実復興・復旧へ全開です

  今はワカメの時期ですが、今年は昨年よりも値段は高値を維持しております。
  
 志津川名産・銀ザケの水揚げが始まってます
 

  大きなホタテです
 

  ホヤは やや小ぶりですが、やっぱり美味しいです

 
 

  漁師さんはワカメが忙しいので、網漁物が少ないです



 以前のように穏やかな海、被災地はハードの復旧・復興は進んでいるが、心の復興にはまだまだ
 時間がかるでしょう。応援してくれる多くの皆様に感謝を忘れずに

  


Posted by あゆみ at 22:02Comments(1)

2017年03月30日

漁船のはなし


     縁起の良い字で  船名に 「丸」

   日本の漁船には、船名に「丸」がつけられるようです
 官庁の船や商船、高速消防救急艇などには「丸」がないようです。



 日本の場合、船名に人名が使われていることはあまりないという。
 名前をもらった船が事故を起こしたり、いずれはスクラップの運命にあることから
 「縁起が悪い」と避けられているようです。

 どの船も縁起の良い字が使われています。 幸、金、栄、富、宝、福、神、伸、勝、寿
 漁、勢、明、吉、大、天、進、功、洋

   係船柱(ビット)と呼ばれる鉄柱

    漁船を岸壁に係留させるとき、船のロープをピットにかけます。

  シケや漁の切り替えなどで係留船が多いときは、一つのピットに2隻の漁船で共有する
 こともあり、後に係留した船が、そのまま上からロープをかぶせてしまうと、最初に係留した
 船の出港に支障がでるので、後からつなぐ船は最初の船のロープの輪を下からくぐらせる
 ようにしてつなぐようです。  


Posted by あゆみ at 21:39Comments(1)

2017年03月28日

漁船のはなし

    気仙沼港には色々な船が出入りし、停泊、出港が見られます

  意外と見慣れているようで、船の大きさにビックリするだけで、細かいことは
   知らないことが多いです。

   

 
 船には”顔”と呼ばれる部分がある。 煙突の横に屋号を表示するのが慣例
 船が港に出入りするときには、この煙突でどこの会社の船かがわかります。
     この船は「水産庁のマーク」で取締船や実習船、調査船に表示されます。



 船籍は船尾に日本語で表示されているが、都道府県が一目でわかるように記号で
 船体の横に書かれている。TYは 富山県の表示です。数字はナンバープレートと同じ
 


 北海道の船です
 

 青森県の船です
 


 宮城県の船です アルファベットの隣の一ケタの数字は「1」が100トン以上「2」が5~100トン、
 「3」が5トン未満の重量

カツオのシーズンになると「KO]高知県や「ME」三重県や「MZ」宮崎県の表示の船が増えます船


   


Posted by あゆみ at 23:26Comments(2)

2017年03月27日

復興への歩み

    今年の3月11日で東日本大震災から丸6年になります。

   今月の3月は我が町には、大きな復興への再生期でもあります。
  復興住宅の完成、集団移転の高台地の完成、さんさん商店街の常設完成
  3月20日には三陸沿岸道路の延伸により復興への加速化が期待されます。

  気仙沼市の大島架橋作業は天候不良のため延期され、橋中央のアーチ部
  延長228㍍ 重さ2700㌧が29日に予定変更されました。  橋
    
 
 
 架設は数㍉単位の作業になると言われます。湾内は養殖棚も多く、慎重なえい航が
 求められ、風速や波高は作業に大きな影響があり、移設は天候に左右されます。

 
 停泊している朝日ふ頭では、船長や機関長、甲板員作業員さん15人で船内で寝泊まり
 しながら作業されてます。

 

 


   
   今日は「先勝」出船の お見送りを見ることができました 花火
 
   出船・・・日取りは、 「大安」や「先勝」「友引」などが船主や船頭によって決まります。



 マグロはえ縄船が出港する時は五色の紙テープを握って船を見送ります 船


 


  


Posted by あゆみ at 22:00Comments(1)

2017年02月28日

さあ 架設作業へ

  大型クレーン船「富士」が到着です。気仙沼湾内にある大島に1967年(昭和42年)に
 県勢発展計画に盛り込まれてから、今年でちょうど50年、やっと大島に橋が実現します。

    シケのため到着は遅れたようですが、5回に分けて架設作業の初日は3月4日予定

 全長200メートルを超える橋桁は、大きな台船で一晩かけて運ばれ設置されるようです。



 商港岸壁では、最大で高さ133メートルまでつり上げられる巨大なクレーンと大島架橋本体の
 中心部が並ぶ様子が見られます。


  所有する「深田サルベージ建設」は座礁した船舶の海難救助や海洋建設などを手がけており、
   同船は震災後の気仙沼で漁船の撤去などで活躍しました。


  台船に積まれた橋・・・橋の端の部分かな?





 
  日程や時間により、船舶の運航規制があるようです。


  滅多に見ることができない世紀の作業です。

  


Posted by あゆみ at 22:59Comments(2)

2017年02月21日

大島架橋

   気仙沼商港岸壁で組み立てられている、大島架橋が今月26日から
架設箇所への運搬と設置が始まる。 商港岸壁で五つのブロックから組み立てられた。

 


 大島は宮城県北東部の気仙沼湾内に位置し、航路距離7.5㎞の有人離島
 気仙沼観光桟橋から船に乗れば30分ほどで到着。人口2600人







 中央径間アーチの最大の見どころは25日から26日に行われる架設。
長さ224メートル、高さ54メートルの巨大構造物を一日で運んで設置する
大作業です。夜通し行われます。

橋の設置の光景は奈良や京都の寺院などで行われる”数百年に一度のご開帳”に匹敵する
レベルと言われます。 ”建設マニア”はもちろん地元の人にも見逃せないチャンスです。  


Posted by あゆみ at 23:20Comments(2)

2017年02月14日

ふのりの開口

      壊れた海岸の復旧・復興には、まだまだ時間がかかるようですが

   今日と明日は海藻(ふのり・まつも・ひじき)の開口です
   朝8:00から12:00までです。引き潮時が、採り時です。
  
  ふのりは引き潮に採りやすいですが、ひじきは深みなので採れません。





  足元が滑りやすいので、慎重に慎重に・・・



  
     ばあちゃん達は手早いです






 海草の生命力は、どんな境遇にも応じるものですね。早春の海からの磯の香と生命力の
 強さを頂きました。 真水で洗って乾燥させます。 天日干しです 晴れ




  


Posted by あゆみ at 21:42Comments(1)

2017年02月02日

積雪 

  今年は雪のない暖かな1月でしたが、2月になりもうすぐ
立春というのに、今朝は雪払いからの始動でした。
  
   書き初めにはチョット雪不足でした。




  何だ坂 こんな坂・・・安心な高台は雪が大変です
 

 

  お昼までには、ほとんど雪が溶けました
 

 

  


Posted by あゆみ at 22:24Comments(1)

2017年01月08日

成人おめでとうございます

   明日9日は「成人の日」です。1月はこの日を中心に全国各地で成人式が
  催されます。 南三陸町では今日、新成人184名の式典がありました。

  震災当時は中学生だった新成人の皆様、親御さんも大変な苦労されたことでしょう。
  思春期の不自由な生活経験は、必ずこの先の人生で役立つことでしょう

  復興道半ばの南三陸は人口減で、少子高齢化と課題はおおいです。
 
  住みよい南三陸をつくるために、若い柔軟な発想とエネルギーに期待しております
 




  式典前のくつろぎ・・・豪華絢爛の衣装


  成人代表誓いの挨拶





 成人おめでとうございます。素敵な袴姿ですね・・・次は彼女と・・・待ってます


 ばあちゃんからの特製の成人ケーキですcake



   


Posted by あゆみ at 23:49Comments(1)

2017年01月04日

南三陸志津川市場 初セリ

    暖冬の穏やかな三が日、皆様いかが過ごされたでしょうか・・

   官公庁を始め ほとんどのところでは、今日が「仕事始め」でしょうか・・・
 南三陸志津川市場も今日から始動・・・ 新市場での 「初セリ」です

 

 今日は旬のタラや魚介類、新ワカメなど所狭しと並び 市場構内は活気と熱気いっぱいです。




 活魚からセリ開始です 



 
  大きいカレイです 肉厚です





























  


Posted by あゆみ at 17:30Comments(0)

2017年01月01日

迎春

        明けまして おめでとうございます

      旧年は格別のお引立てを賜り 厚く御礼を申し上げますと共に

      本年も倍旧のお引き立てと 御愛顧のほどお願い申し上げます

          
                平成二十九年                元旦


    元日の朝は穏やかな夜明けでした    中山海岸からの日の出です















 
   今年は役場・消防署・商工会・商店街など本着工され街の定位置が決まり、方向性が
   見えてきたようです。

   あっち こっちの所々ですが、ばあちゃん目線の復興状況を公開し
  南三陸を応援して頂いている皆様に、お知らせしたいと思います。
  


Posted by あゆみ at 20:07Comments(1)