2018年03月07日

鹿の散歩

    春の陽気とぶり返す寒さ。 暦では 昨日6日は啓蟄「けいちつ」です。

 冬ごもりの虫が出てくる時期といわれる。草花の芽吹きも膨らみ初め
 ている。  今日は天気が良いので鹿が散歩にきました。
 
 山には高速道路が出来、高台の山々の木々も伐採され、鹿達も住居を
 追われ大変なんだろうな・・・

 
   日本鹿の冬の灰褐色は初めて見ます
   ニホンシカ「野生のシカ」ですが、冬には毛色が灰褐色になります。
 夏は茶色で白斑模様があり、夏毛は赤茶色で鮮やかな白い斑点の
  「鹿の子模様」ですが、こんなに近くまで来て、食料不足なのかな?
  
 お父さん鹿かな・・・住居の近くまできて 目線をずらさずじ~っとこっちを見てます
  
  

  
  子鹿です   まだ警戒心もなくノンビリです
 
 
   さあ~かえるわよ~  まだ もう少し遊びたいなぁ・・・ 母シカと子ジカの声が聞こえます


    子ジカ達が帰り始めました。 お父さんシカは最後に帰りました。




この記事へのコメント
以前も鹿が庭に現れましたね。同じ鹿が懐かしくなって戻ってきたのかも。南三陸町に多くの人達がまた戻って来て欲しいです。今日で、あの大震災から七年。
Posted by 渡部ヨシミ at 2018年03月11日 03:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鹿の散歩
    コメント(1)