2016年12月13日

12月13日の記事

    さまざまな復旧・復興事業が進められている南三陸町

今重機が忙しく動き、道路が右から左へ・・そしてまた移動と・・・
一週間ぶりで出かけると、あれ・・・どっち・・・ 工事の方の旗振り案内で移動

沿岸部には防潮堤工事が進んでいる。 震災前も住宅や防潮林があり、どこからでも海が
見える状況ではなかったが、それでも歩いたり、車で走ったりしても海が身近に感じられた。


 向こう側には、青い海がある。津波被害の場所は危険区域で住居は許可にならない。
従来より高い防潮堤の建設により、旅行者や土地勘のない人が万一の際、海が見えないことで
どの方向へ逃げたらよいか、誰もが迷わずに避難できる場所へ、住む人達だけでなく、仕事で
来た人や観光のお客様など、津波死ゼロの町を目指してほしい。

 

   12月5日  青木エステルさんが、桝沢仮設、桝沢災害公営住宅合同のお正月用の
   飾り作りをしました。
 

    12月11日 今冬2度目の積雪 雪
 

  

     12月12日  アワビの開口です。6:30から9:30までです。



 朝日を浴びて海底が見えやすくなります


 帰港です。 大漁かな・・・・


  並んだ順番に計量です




  

 キズや大きさを一個づつ丁寧に調べます。 


 動きがあるか、動かないかで等級が分かれます。


 計量が済んで記録・業者へ







  


Posted by あゆみ at 22:51Comments(0)