2017年03月30日

漁船のはなし


     縁起の良い字で  船名に 「丸」

   日本の漁船には、船名に「丸」がつけられるようです
 官庁の船や商船、高速消防救急艇などには「丸」がないようです。



 日本の場合、船名に人名が使われていることはあまりないという。
 名前をもらった船が事故を起こしたり、いずれはスクラップの運命にあることから
 「縁起が悪い」と避けられているようです。

 どの船も縁起の良い字が使われています。 幸、金、栄、富、宝、福、神、伸、勝、寿
 漁、勢、明、吉、大、天、進、功、洋

   係船柱(ビット)と呼ばれる鉄柱

    漁船を岸壁に係留させるとき、船のロープをピットにかけます。

  シケや漁の切り替えなどで係留船が多いときは、一つのピットに2隻の漁船で共有する
 こともあり、後に係留した船が、そのまま上からロープをかぶせてしまうと、最初に係留した
 船の出港に支障がでるので、後からつなぐ船は最初の船のロープの輪を下からくぐらせる
 ようにしてつなぐようです。  


Posted by あゆみ at 21:39Comments(1)